ギターの弾き方を真似するには?

前回、ギターの弾き方を覚えるにはマネをしたらいいんだよ、
ということをお伝えしました。

ギターの弾き方の覚え方

いかがだったでしょうか。

当たり前だったでしょ?

そして、

「そんなもんくらいやってるよ!」
「もったいぶってそんなことかよ!」

って思ってしまったでしょうか?

そう思ってもおかしくないと思っています。

それくらい当たり前のことだということです。

しかし。

実は多くの人はこれが出来てません。

だってマネの仕方がわかってないからです。

この記事ではギターの弾き方をマネする時に
意識するべきことをお伝えします。

 

ギターの弾き方をどうやってマネするか?

マネをしたら良い!というけれど・・・
その内容は人によりちがいます。

どれくらいの細かさでマネをしていますか?
という部分は人によって違っている、ということです。

解像度って言うとわかりやすいのかな。

例えば、右手のピックの持ち方なら
指のどのあたりを使っているのか?
正面から見た時に指がどんな形になっているのか?
みたいな事をチェックするわけです。

同じように腕の角度や左手のグリップなんかも
注意深く見るわけです。

つまり、高い解像度でギターの弾き方を見るわけです。

すると・・・
何をどうしたら良いのかがわかるわけです。

どんなフォームで
どんな動かし方をしているかが
わかるわけです。

こういう風にして得たコツのほうがよほど
コツとして機能します。

 

ギターの弾き方をマネする方法

では、まとめとしてギターの弾き方をどうやって真似するのか?
ってのをまとめておきます。

ステップ1 : 「こんな風に演奏できたら良いなぁ」とあなたが思うような演奏をしている人を探す。

ステップ2 : ステップ1で探した人の演奏を見る

ステップ3 : できるだけ高い解像度で身体の使い方を見る

ステップ4 : ステップ3で得たアイデアを試す

こんな流れでやると徐々に出来るようになると思います。

変にギターの練習法や弾き方みたいなものの
解説よりもずっとあなたに機能する
コツが分かったりするわけです。

人のマネの仕方がよくわからない場合は
是非、解像度の高さを意識してみてくださいね。