ギターがうまくなるには何が必要か?

「ギターうまくなりたいぃぃぃぃ!」

そんな風に思ってあなたもギターを手にしたことでしょう。

でも、残念ながら多くの人は
なかなかおもったように上手くはならないのが普通です。

この記事ではギターを上手くなるのに必要な事を
お伝えします。

この内容を追求すると
あなたもギターがするするとうまくなることまちがいなしです。

 

ギターがうまくなるのに必要な事

それは、自分の動機を見直すこと

「はぁ?」と思うかも知れません。
そんなことじゃなくて練習方法やテクニックが知りたいかも知れません。

でも、テクニックや練習方法というのは
動機から生まれるものなのです。

かなり根本的なことですからわかりにくいかもですが
動機がわかってないのにテクニックや練習方法におどらされるから
うまくならないのです。

 

「動機」とは?

じゃあ、当然、動機ってなんだ?って話になるわけですが
動機というのは何のためにギターを弾いているのか?
ってことです。

もちろん、人それぞれ動機なんか色々あるわけです。

家にギターが弾かれずに置いてあったから
たまたま友人のライブで楽しそうに弾いていたから
アーティストの演奏見てて自分もやってみたくなったから
モテたくて

等々。

色々ありますよね。

これが動機。

 

ギターがうまくなる動機とは何か?

じゃあ、今度はギターがうまくなる動機とは何か?
という話になるわけですがコレは・・・

他人を喜ばせるため

という動機であればいいのです。

音楽を聞くのは人だからです。

ちなみに、ここには「自分」も含まれるわけですが
「自分」というのは基本含まないほうがいいです。

まずは「他人」が聞くという部分にフォーカスをすると
ギターは本当にうまくなるのです。

だって他人が聞くものだから。

そして、他人が喜んでくれるから
あなたにとっても嬉しいことになるわけです。

例えば、モテるなんてのは分かりやすいですよね(笑)

他人があなたの演奏や弾いている姿を見て
何らかしら感じてくれるからモテるって話に
繋がるわけですから。

だから、他人を喜ばせるためには
自分の演奏はどこがどうなったら良いのか?
って事を考えてみてください。

とたんにどこを直したら良いか分かりますから。