ギターで練習しまくっているけどうまくならない人のやっていること
Mandyme27 / Pixabay

ギターだけにかかわらず、なんでもそうですがいくら努力しても前に進まないときは嫌になってくるものですよね。

いくら努力しても前に進まないけどギター弾くことに執念を燃やす人は間違いを犯します。

この記事ではその間違いを紹介します。

独学でギターの努力しているけど報われない人の間違い

では、まず、独学でギターの練習しまくっているけど報われない人の間違いを紹介します。

 

ギターの情報調べすぎ

今も昔もあるのがコレです。

昔は教則本を買い漁る、という状態でしたし、今ならネットでギターの情報調べまくるという状態です。

うまくいかないから情報を漁りまくって何をやっていいかわからなくなって悪循環。
こういうことになると「情報を調べまくる」という努力が水の泡になります。

 

目的がない

これも昔からあるケースですが、目的が無い、という状態。
ホントはあるけど忘れてる、というのも含みます。

漠然と「ギターうまくなりたい」みたいな気持ちはありますが、あまりにも漠然としすぎてて、何をやって良いのかわからなくなっている状態です。
心当たりありませんか?

この状態になると何を努力しても報われません。

 

音楽理論勉強する

音楽理論を勉強する人もいますね。
コード理論とかスケール理論とか。

理論を知っていたら音楽やギターのことを深く理解できる気がしますよね。

もちろん、勉強するのは自由ですが、その理論どこで使うんでしょうか。

そういう明確な意図も無いのに理論勉強しても実際のギタープレイ等に活かせないから努力が水の泡になりやすいです。

 

基礎練習ばっかやる

ギターのエクササイズみたいなのって昔からそうですが未だに本とかになりまくります。
今だとネット検索すると山ほど出てきますよね。

基礎という言葉からなんとなく「重要そう」っておもっちゃいますもんね。
それに、ギターのエクササイズって練習材料だったりするから手軽ですし、とりあえず練習出来るというのもあり、便利ですよね。

でも、そのエクササイズをやったから曲やフレーズが弾けるようになったのでしょうか。
多くの人は弾きたいフレーズや曲が弾けるようになっているわけではありません。

あなたはどうでしょうか。

基礎練習ばっかりやるのも努力が報われないパターンの一つです。

 

ギターを人に教わっているのに練習が報われない人の間違い

以上がギターを独学している人の努力が報われないパターンです。
では、今度はギターを人に教わっているのにも関わらず練習が報われないパターンです。

 

練習してない

「え?人に教わっているのに練習しないの?」
って思いますよね(笑)

でも、これ、実は一番多いです。

「信じられん・・・」
そう、信じられません。
僕も未だに信じられない状況ですが、現実に起こるし、このケースは多いです。

何故か、人にギター教わっていながら練習しない人は多いのです。

そもそも努力していないのだから結果が出るわけありません。

 

素直じゃない

自分でやってもうまくいかない人はギターを人に教わったりするわけですが、教わるという決断をしたくせに理解できないものはやらないという態度を取る人もいます。

そもそも、誰かに頼らないと出来ない人の理解力や納得など当てにならないのにも関わらず、自分の感覚を信じてしまう。

ギター云々言う以前の問題だったりするので、味方が減っていきます。

当然、ギターの努力は報われません。

 

自分の事を話さない。

これもかなり多いですが、自分の事を開示しない方。
これも努力が報われないパターンです。

なぜなら、ギターを教える人はあなたの言動から教える内容を決めていたりします。
少なくとも僕はそうです。
こういう人って何を言っても自分の事を話さないってこともあるし、そうなるとこちらも手の施しようがなくなります。

当然、これも努力は報われないケースが多いです。

 

まとめ

以上がギターの練習をやりまくっているのにその努力が報われないケースの代表例です。

まとめます。

ギター独学している人の間違いは・・・・

  • ギターの情報調べすぎ
  • 目的がない
  • 音楽理論勉強する
  • 基礎練習ばっかやる

ギター教わっている人がやってしまっている間違いは・・・

  • 練習してない
  • 素直じゃない
  • 自分の事を話さない。

さて。
いかがだったでしょうか。
以上がギターで努力が報われない人のやっている代表的な間違いです。
他にもあるにはありますが、この辺が一番多いという実感を個人的にはもっています。

あなたは当てはまりませんでしたか?