ギター上達と性格の関係
Alexas_Fotos / Pixabay

突然ですが、ギターってあなたにとって趣味ですか?

この答えがYESの方はこの記事は一つ参考になるかもしれません。
なぜなら、この記事の答えが楽にギターを上達させる答えだからです。

これからお話するような内容が当てはまっていればたとえ1日5分くらいの練習でも・・・・
伸びます(・∀・)

まぁ、今日の内容が当てはまっているなら、1日5分の練習量にする方が難しいわけですが。

そんなギター上達と性格の関係です。

 

ギター上達出来ない性格がある

さて。
趣味で始めたギターが楽しいなら申し分ないですが、趣味で始めたものが面白く無い、と言う事ならそれほど残念なことはありませんよね。

ギターと言うのはいつも言っていることですが、ちゃんとやればアホでも弾ける楽器です。
むしろ、アホの方が弾けるようになる楽器です。

ただ、性格が保守的だといけません。
アホでも性格が保守的になると途端にモノにはなりません。

 

保守的な性格とはどんなのか?

保守的というのは自分の何かを守ろうとすることです。

例えば・・・

  • 練習で無駄なことはしたくない(労力を無駄にしたくない)
  • 時間を無駄にしたくない
  • お金を無駄にしたくない(できるだけ無料で、とかは典型例)
  • 騙されたくない
  • 納得出来ないことはしたくない

等々。

多いのはこの辺ですね。
こういうのが保守的と言っている意味です。

 

保守的な人のよくある例

保守的な性格をしている人は自分がやった保守的なアクションがきれいに自分の身に還ってきます。

「どういう形で還ってくるか?」
という声が聞こえてきそうなので、一例をあげます。

例えば・・・・

練習で無駄なことはしたくない(労力を無駄にしたくない)

効率のいい練習方法を探す。(実は時間のムダ)

効率のいい練習方法を見つけてもすぐに結果でないと疑心暗鬼

新たな練習方法を探す。

 

もう一例。

お金を無駄にしたくない(できるだけ無料で、とかは典型例)

ネット検索等、お金がかからない方法で練習方法を探しまくる。

探すのに疲れてギターは弾かない。

でも、研究しているのは事実だから、練習している気にはなっている。
ところが、うまくならないから、有料教材、サービスに手をだす。

 

わかりやすそうな部分を例に出しましたが、まぁ、こういうケースが多いですね。

結局、自分のこと守っててもろくなことにはならない、ということです。
そして、こういう保守的な人がやる気を出しても続きませんし、結果的にギター上達はなくなります。

 

多くの人が気づいていないギター上達の要素

ここで一つ言えることはギターというのは
性格の問題が多分に絡んでくる
ということです。

こういうこと、多くの人は気づいてないけど、僕はギターにかかわらずスキル習得というのは全部、性格の問題がかなり関係する、と思っています。

実際、性格が保守的な人で僕が素晴らしいと感じるレベルの演奏が出来る生徒さんはいません。
一見、うまくなってもすぐに頭打ちが来る。
そういう人ほど、「自分は弾ける」と自惚れるから、どっかで頭を打つものです。
よくあるのは人に凹まされる、というパターンですね。

なんせ、性格変える方がよほどギター上達や音楽の自由さにはつながるのです。

あなたの性格は大丈夫ですか?