とにかく弾けるようになれ、を誤解してはいけません。

僕は
「とにかく弾けるようになれ」という事を
生徒さんにはよく言います。

 

ただ、結構これ、誤解する人がとても多いので、
この記事で補足しようと思います。

 

この記事を読んでおけば、変に気負いすることなく
コピー出来ると思うし、自分の事を変に責める事も
なくなると思います。

もっと視野が広がると思います。

 

では、まいりましょう。

 

とにかく弾けるようになれ、の誤解

「とにかく弾けるようにしろ」というのは
とても良い目的なんですが、
これは何も1曲丸々弾けるようにしろ
と言う事を言いたい訳ではないのです。

 

そうではなくて。

短いフレーズでも何でも良いから、
弾けるようにしたら良い訳です。

 

大体、つい最近までギターやった事、
なかった人がいきなり1曲弾きとおせると思う方が
非現実的ですよね。

 

1フレーズで良いし、
なんなら1フレーズ内の一部分だけでも
良いから弾けるようにする、という事なんです。

 

この辺りの詳しい話は
ギター練習方法を記した無料教材でも解説しているので
詳しくはそちらに回します。

 

つまり、1曲ではなく、1フレーズで良いのだから、
まずはそれをたくさん弾けるようにするのです。

そうすることで、音楽出来るんだ、という自信になるし、
ちょっと弾けると楽しくなるのがギターです。

 

最初は少しで良いんです。

その積み重ねでもっと複雑なものも、
難しいものも当たり前の様に弾けるようになっていきます。

 

勿論、それは何年もかかる事かも知れないけど、
でも、出来るんですね。

 

あなたが憧れるギタリスト達も皆、
最初はここからスタートです。

だから、頑張って弾いていきましょうね。

この記事がギター練習に使えるならこちらの記事も