ギターを上達させるためにまずやるべき事

ギタープレイを上達させるための要素で紹介した5要素。

  • 練習方法
  • 弾き方
  • エクササイズ
  • 脱力
  • リズム

この5つをしっかりやるとどんなセンスがないと自称する人でもギタープレイを上達させる事ができます。

しかし、下手に手を出すと上達どころか、退化してしまうものもあるのです。

この記事ではこの5要素の中から何をやれば良いのかお伝えします。

ギタープレイを上達させたいなら絶対に「練習方法」から。

ギタープレイを上達させたいなら、一番はじめに実践するべきなのは「練習方法」だと個人的にはおもいます。

一見、「ギターの弾き方」とかが一番はじめにやるべきことのようにみえますが、実はこれは非常にいただけないのです。
なぜなら、ギターの弾き方、という部分から入るとフォームが気になりすぎて、肝心の練習がおろそかになりやすいからです。
勿論、みんながみんなこうなるわけではありませんが、フォームが気になりすぎて練習がおろそかになっている人は意外に多いのです。

エクササイズに関してもおなじ。
このブログの他の記事を見ていただけるとわかるとおもいますが、僕はエクササイズに対しては基本アンチの立場です。
特に一人でギターを練習している人には絶対にススメません。

なぜなら、エクササイズは「なぜやっているのか?」という部分が明確でないと意味がないからです。

実際、「基礎づくりだ!」とか言ってエクササイズばっかりやっている人がいますが、その多くはギターを自由に扱うことが出来ない人が多いのです。

エクササイズを弾けたところで、実際の音楽が弾けなければ意味がありません。

とは言え、エクササイズはちゃんとした意図を持って扱うなら効果が上がります。
ところが、その意図は実際に音楽をやらないとなかなか見えてこないもの。
よってエクササイズから入るというのはよろしくないわけです。

脱力に関してはそもそも脱力と言うのは弾き方がしっかりしている前提がある概念、言葉だとおもいます。
弾き方もろくろく定まってないうちから脱力とかやっても良いプレイは出来ません。
よって脱力も最初にやるべきではありません。

最後に、リズムですが、これはある程度弾けるようになってから考えることです。

勿論、リズムは音楽においては非常に重要です。
リズムを整えるだけで音楽に説得力を持たせることができます。

しかし、リズムはギタープレイを上達させるための要素で紹介した通り、日本人の僕達が感覚の違う人が作ったリズムを解釈出来るほど易しいものではありません。
よってリズムも最初から深めるポイントでは無いわけです。

ギターの練習方法なら間違ったものを採用しても大丈夫です。

でも、練習方法は?
これは大丈夫なのです。

勿論、機能しない練習方法を採用してはいけませんが、そんな練習方法でもやってみればちゃんと結果が出るものです。

機能しない練習方法なら採用しても上手くはなりません。
「うまくならない」という結果がちゃんと出るわけです。

そんな練習方法を採用してもうまくならないなら練習方法を変えるなり、再度その練習方法をちゃんと理解出来ているかチェックしてみたら良いわけです。

こんな感じでちゃんと軌道修正することが出来るのが練習方法です。

だから、あなたが響く練習方法を採用して見ると良いとおもいます。

おすすめのギター練習方法

このブログはギター初心者さんを対象に書いているブログです。
だから、ギター初心者さんに対しての練習方法を紹介します。

ギター初心者さんにおすすめのギター練習方法はコピーです。
つまり、ギタープレイを真似るわけです。
誰もが言っていることですが、でも、これをやり続けている人は全体で見ると少ないとおもいます。

学ぶの語源は「まねぶ」らしいです。
真似をすることは技術の習得においてはすごく重要なのです。

まずはコピーからやってみませんか?

 

追記

もし、あなたがコピーをやってみようと思うのならこちらは役に立てるとおもいます。

ギター初心者のためのコピー法