ギターが上手くならない人の共通点

沢山ギターのサポートをしているとギター上手くならない人の共通点というのが見えてきます。

この記事ではそんなギター上手くならない人の共通点をご紹介します。

ギターが上手くならない人の共通点

ギターが上手くならない人の共通点っていっぱいあるけど結局、一番根本的なのは

暗い

という1点に尽きると思います。

言葉通りの意味です。
そう、暗いんです。笑

暗い人ってどんなのか?

じゃあ、暗い人ってどんな人なのか?って事が気になるわけですが、幾つか例を出すと・・・

  • やたらに自分のギターはしょぼいと思っている
  • うまくいかないところばかり見ている。(弾けている部分はあまり見ていない)
  • そもそも弾けないものだと思っている。

こんな感じです。笑

まぁ、分からなくは無いですね。
一生懸命練習してもなかなか弾けるようにならないと疑心暗鬼になってくるものです。

確かに疑心暗鬼になって練習しててもムダみたいな感じが漂ってくるのですが、そうであったとしても・・・

要は、弾けると思ってないわけです。
「どーせ、俺なんて・・・」的な発想。

そういう発想は思うようにそんな感じで取り組んでもギターなんか面白くもなんにも無いでしょうし、そもそも練習だって苦行になるはずです。

そもそもギターを弾けるようにするために練習するのですから、弾けるものと思っておきましょう。
時間が他の人よりかかるかも知れませんが、どーせ弾けるんです。
そのために練習しているのですから。

最初から出来ない前提で練習して出来ないのは当然です。
同じやるなら出来る様になる前提、どーせ弾けると思ってやるべきです。
そのうち弾けるのだから明るくギター練習していきましょう。