ギター初心者は練習曲としてコードが簡単な曲を使うべき?

ギターを教えているとタイトルのような質問を受ける事が多々あります。

ギターは初心者は練習曲としてコードが簡単な曲を使うべきですよね?

と言った質問です。

あなたはどう思いますか?

ギター初心者は練習曲としてコードが簡単な曲を使うべき?

僕はこれに関しては目的による、というのが答えです。

なぜなら、使えない技術など必要ないからです。

例えば、弾き語りがしたい、という人に対してメタル系のギターテクニックは不要なわけです。

技術は道具なのです。
だから、使う前提がないといけません。

使いみちが分かってない技術なんて習得するだけ時間と労力の無駄だと思うわけです。
勿論、「すべてのギタープレイのテクニックを習得したい」というのが目的なら話は別ですが、大体の人は違うはずです。

何がしたいのか?これが一番重要

何がしたいのか?
これが一番重要です。

好きな曲が弾きたい、というならその曲に出てくる技術を習得したら良い訳です。

先日、ギターのレッスンで、ギターサークルに入っている方がこられました。
この方、そのギターサークルで弾き語りを披露するのが目的です。
曲の好みは特にこれといってこだわりがない。
だから、弾けるものを弾く。

この視点も状況次第では重要なわけです。

でも、違っているなら?
その目的にあわせてすべてを考えるべきです。

技術は道具。
目的が達成できるなら無理に追いかける必要はないのです。

 

追記

ただ、このブログではギターの初心者さんを対象にギター弾けるようにするにはどうしたら良いのか?ということをテーマにしているので、当然、ギター弾けるようにするためには?というテイストで情報発信をしています。

その前提で言うならコピーは一番基本です。

習うより慣れろ、ということです。
その意味ではコピーは最良の方法です。

そして、そのコピーのファーストステップを公開しています。

よかったらどうぞ。

ギター初心者さん用のコピーのファーストステップ