ギター上達する人とそうじゃない人の違い

長年ギターを教えていると
「この人は上手くなるねっ♪」
っていう人と・・・

「この人はちょっと・・・きついだろーな・・・(汗)」
って言う人が分かる様になってきます。

 

今回はギター上達する人としない人の違いを語ろうかと思います。

 

あなたがどちらのタイプに属していても
こういう事を知っていると役に立つかと思うので、
是非、読んでみてください。

 

上手くなるタイプならそのままで良いし、
そうでないなら改めればいい訳ですから。

 

では、まいりましょう。

 

ギター上達できない最大の要素。

これは、

自分では何もしない人です。

依存心が強い、と言っても良い。

 

例えば・・・

ちょっと何かで行きづまったら

『○○ってなんですか?』
『○○ってどーやったらいいんですか?』
『○○が出来ません』

他にもいっぱいありますけど、
要するに、すぐにこういう事を言う人です。

 

こういう人はまず、ギターは上達しないと思った方が良いです。

勿論、少しなら上達するけど所詮、少しです。

上達した内に入らないレベルで終わります。

だから、依存心は敵だと思った方が良いのです。

 

ギター上達する人が無意識にやっていること │ 依存心がギター上達を阻害する理由

依存心がギター上達を阻害する理由・・・

これは学びになってないからです。

 

人に依存してすぐに答を知りたがる人は、
基本的に自分で何も調べてない事が多いです。

こうなると、教えられた事が定着しない訳です。

 

自分で色々やって答を聞くから学びになるのです。

自分で色々やる事で自分の中に問題意識が生まれます。

その問題意識に対して自分でアクションを起こして
解決すればそれでよし。

 

仮に解決しないとしてもその問題意識がさらに強くなります。

そこで自分で解決する為に色々試行錯誤する訳です。

その中で情報を活用したり
人に教えを請うたりするのです。

 

そうやって色々やる人の問題意識はすごく高いから
納得できる情報や信頼できる人とであった時、
素直に行動をかさねることが出来るのです。

 

こうやって大きな学びとしてあなたの体に『刻み込まれる』訳です。

↑こうやって人は本来学びます。

そして、上達するのが速い人、
ギターが上手な人は無意識であったとしても
こういうことをやっているのです。

 

依存心は上達を妨げるます。

依存心を捨てて、出来るだけ行動をしてください。

そうすればあなたもギターごとき上達させることが出来るのです。