ギター超初心者さんの為の練習方法

ギターを始めたばかりです、というギター初心者さんは
何をやるべきか
どうやるべきか
そういった事が全く見えなくて普通です。

だから、「何となく練習しないと・・・」と手探りでギターを練習し始めます。

今は、ネットも普通になって、ギターの練習方法とかを紹介してくれているサイトが沢山あります。

でも、それでも結局、何をやっていいのか、さっぱりわからない。

これがギター初心者さんの実際だと思います。 

この記事ではこんなギター超初心者さんの為に何をやるべきかをお伝えしようと思います。
この記事を読めば、迷わずにギターの練習が出来ると思います。 

是非、最後までお付き合いくださいね。

 ギター初心者さんの為のギター練習とは何か?

ギター超初心者さんがこれからギターを弾くのに何をやるべきか?

という事ですが、これはコピーです。
コピーというのは曲をそっくりそのまま真似して弾く事です。
このコピーこそ、初心者レベルの内にやるべき練習の基本になります。

正直これだけで良いです。
他の事は必要になった時点でやるべきです。

コピーが初心者さんの練習になる理由

とはいえ、なかなか、そう簡単に「じゃあ、やります!」とはならないものですよね。

 何故なら、今は沢山の情報があって、人によっては僕と同じ様に「コピーが最適」という人もいれば「基礎練習をやるべき」という人もいます。
だから、「ホントはどうしたらいいんだろう?」と思ってしまう事は自然な事だと思うのです。

確かに基礎練習は重要なんですが、ギター超初心者さんにとっていわゆる「基礎練習」は必要ないと思います。

ギター超初心者さんにとって必要なものは体験です。

  • 弾けた、弾けなかったという体験
  • 簡単、難しいと言う体験
  • 手がイタイとか、ピックがひっかかる等の体験

等々。
こういった体験が必要なんです。

ギターの初心者さんというのは当然、知識も経験もありません。
当然、ギターの知識の使い方もわかる訳がありません。

分かったら怖いですよね(笑)

そんな状態の時に基礎練習なんてやっても意味が無いとまでは言いませんが、無駄が非常に多いのです。

だから、最初は体験量。
これが重要。

で。

同じ体験するなら、実践的な体験の方が良いのは当然です。

エクササイズや基礎練習なんて、いきなり音楽には繋がりません。 

確かに基礎練習に意味が無いわけではありません。
基礎練習には基礎練習の意味があります。

でも、そういうのも音楽にチャレンジした経験が無いと全く活かせないのです。

これは能力があるとかないとかって問題では無く、ギター初心者とはそういうものなのです。

だから、まずは体験量が重要です。

体験量を増やす為のコピー

つまり、「弾ける、弾けない」、「簡単、難しい」、と言った経験をする為にコピーをする。
これが重要になる、ということです。

だから、ギター初心者さんがやるべき練習。
それは、コピーである、という事をしっかりと覚えておいてくださいね。

そんなコピーを解説するコンテンツ無料で提供しております。

 

ギター初心者さん用、コピーのやり方

是非、実践してみてくださいね。
嘘みたいな方法ですが凄くシンプルなので取り組めないと言うことは無いとおもいます。