ギターでコードチェンジが出来ないときの練習方法 | ギター初心者向け

ギターを始めたばかりの方が最初につまずくのがコードチェンジ。
普段教えている生徒さんでもここで難航する方が結構多いです。

でも、コードチェンジは基本的なテクニックなので当然センスとか関係なくて正しいメソッドでやればだれでも出来るようになります。

この記事ではギター始めたばかりの初心者の方でもコードチェンジが出来るようになる練習方法をお伝えします。

ギターでコードチェンジが出来ないときの練習方法

練習方法といっても大げさなことではありません。
たったひとつの事を意識したらコードチェンジはできるようになるんです。

それが右手を止めないことです。

コードチェンジが出来ない人は決まって左手のチェンジに意識を注ぎまくっています。
結果、左手のコードの形を変えてから右手で弦をかき鳴らしてしまうわけです。

これでは出てくる音は一生音楽になりません。
つまり、弾けるようには右手をとめないようにしないといけないということです。

右手を止めないようにする際に気をつける事

右手を止めないようにして弾くと当然左手が最初は追いつきません。
ここで左手が追いつかないことで反射的に多くの人は手が止まってしまいます。

しかし、さっき書いたとおり、右手を止めてしまうと音楽になりません。
なので、左手が追いつかなくても右手を弾くことが重要です。
変な音がでてもいいから右手のタイミングは崩さない。

これがポイントです。

いかがだったでしょうか。
ギターでコードチェンジが出来ないときの練習方法でした。