ギターでうまくならないと感じるときに見直すべきこと

ギターで「うまくならない」と感じる事。

これはある程度ギターが弾けるようになってくると
誰もが一度は経験することです。

でも、ここで有効な対策が打てる人は少ないです。

あなたは何をしたらギターの行き詰まりを解消できると思いますか?

ギターで「上達しない」と感じたら見直すこと

これは基礎を見直すことです。

ここで重要なのは「基礎」ってなんだ?って話ですが
それに関してはコチラに書いているので
参考にしてみてください。

↓   ↓   ↓

ギターの基礎とは何か?

つまり、トーンとリズム。
各技術をこの2つの視点で見つめなおすことなのです。

例をひとつ挙げると・・・
多くの人はリズムを疎かにします。
音の長さとか気にしていますか?

これ、多くの人が気にしません。
タイミングを意識する人は多いですが
長さを意識する人は少ないわけです。

でも、これって、トーンとリズムで言うところの
「リズム」に対する認識が甘いってことです。

つまり・・・
行き詰まりを感じている時ってのは
何か自分に見えていない点があるわけですが
それは結局トーンとリズムの認識が甘いことがほとんどなのです。

もし、あなたが自分のギターが
「なかなかうまくならない」と感じているのであれば
是非、今回のアイデアはチェックしてみてください。

結局はトーンとリズムです。