ギターがうまくなる気がしないときにするたったひとつの質問

ギターがうまくなる気がしない時ってありますよね。
僕も経験あります。

そんなときの対処法をお伝えします。
※ちなみに僕がギター教えるときにお伝えしている方法です。

 

ギターがうまくなる気がしないことの意味

ギターがうまくなる気がしない時ってなんとなくテンション落ちますよね。
ここにヒントがあると個人的には思います。

 なぜ、テンション落ちるんでしょうか?  

ちょっと思い返してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

そう。
うまくなりたいからですよね。
弾けるようになりたいからでしょう?

 じゃあ、なぜ、弾けるようになりたい、うまくなりたいんでしょうか? 

 

 

ギターがうまくなりたいのはなぜか?

ココは個人差がある部分ですよね。

  • 「バンド組んでるけどすごく自分が足引っ張ってるから」
  • 「バンドやりたいから」
  • 「バンドと言うほどではないけど、誰かの前で弾けたらかっこいいから」
  • 「子供に聞かせたい」
  • 「嫁に聞かせたい」
  • 「彼女に聞かせたい」
  • 「モテたい」

色々あることでしょう。
もちろん、何も浮かばなかった人もいるはずです。

なので、ここからは今の質問の答えをタイプ別に分けて対処法をお伝えします。

 

 

目的思い出して、すぐさまギター弾きたい気持ちになった

おめでとうございます。
このケースの場合は、もうこっから先を読む必要がありません。

ギター弾けるはずなので練習しましょう。

 

 

何も浮かばなかったケース

では、次は何も浮かばなかったケースです。

この場合は完全にギター弾く目的が見失われている状態です。
だったらギター置いたら良いのです。

一旦辞める。

で。

今、「そんな身も蓋もないことを」と思ったなら、何か目的があるのでそれを自分なりで良いので深掘りしましょう。
これ、聞いても何も思わなかったら一旦距離をおけるはずです。

距離置きましょう。
やるだけ時間のムダです。

 

 

目的は思い出したけどいまいちテンションが上がらない

この場合は、もうその目的に対して頑張る気がないわけです。

なので、この場合も一旦辞める。

で。

そう言われて先ほどと同じように心が反発したら何か他に目的があるはずなので探りましょう。
何も心が反発しないなら先程と同じくギターを置きましょう。

貴重な時間を無駄にするだけのことです。

 

 

ギターがうまくならないのは原因がある

いかがだったでしょうか。
ちょっと厳しい答えかもしれません。

そもそも、ギターがうまくならないのはセンスのせいではなく、何かしらもっと論理的な原因があります。
それが何なのかは個別に見てみないとわかりません。
もちろん、生徒さんでもない方に無料でそんなことやってたらきりが無いので個別に僕が見ることも出来ません。

 となれば、あなたが自分で探すしかないのです。 

でも、うまくなる気がしないときに探せないですよね。
そんな気力ないじゃないですか。

よって、必要なのはうまくなる気がしないことを凌ぐくらいの精神的要素が必要になると個人的には思うのです。

だからさっきの質問を僕はするようにしています。
ギター熱はあなたの中にまだありましたか?