c53396be86062f4d2e396a7047689146_s

15年前では特別ではないけど今なら
通用するギター練習法があるとしたら
どう思いますか?

15年前では特別ではないけど今なら通用するギター練習とは?

これはこのブログでも散々
言っている曲のコピーです。

「なーんだ、そんな事か」

と思いましたか?

しかし、このブログの他の記事でも
お伝えしているように、ギターに
おいて基本の練習法はコピーであり、
やたらめったにエクササイズとか
やるよりもずっと効果的なのです。

シンプル過ぎて
みんな見落としているだけで。

でも、コピーが僕は最強の
ギター練習法だと思っていますし、
実際、それを教えられたうちの生徒は
みんな腕を上げるのです。

そんなシンプルで誰でも
やってそうなコピー。

15年前はやってて普通でしたが
今ではこれ出来る人が少ないです。

つまり、15年前はみんな
やっているからこんなことは
いちいち言わなくていい、という
意味で通用しないけど、
今ではそもそも出来る人が少ないから
いう価値があるという意味です。

「いやいや、僕はやっているよ、
コピー」

とあなたが自信持って言える場合は
そのまま続ける方がいいし、
そもそもギターのサイトなんか
検索しなくてもいいようになっている、
つまり、それなりに弾けるように
なっていることが多いはずなのです。

つまり、この記事をここまで
読んでいるというとこはあなたは
ちゃんとコピーに取り組めていない
可能性が高いと僕は思っています。

今はなぜ、みんなコピーができないのか?

もちろん、15年前にはできたことが
今できないのはあなたのせいでは
ありません。

今はできない人が多いしできないのには
できない理由がちゃんとあるわけです。

コピーが出来ないのは環境的なものが
理由だと僕は思っています。

15年前って今ほどいろんな方法論が
ありませんでした。

エクササイズみたいなものも
今みたいにたくさんありません。

練習曲もなかったです。

ましてやネットでよく見る、
一見どんなものかわからない
ギター教材みたいなものも
ありませんでした。

ネットのサイトも無ければ、
無料コンテンツなるものもない。

ブログも当然ありません。

だから、楽曲のコピーを普通に
出来る人が今よりは多かったわけです。

でも、今は違いますよね。

さっき挙げたものはすべて今は
あるわけです。

しかも膨大に。

コピーできなくて普通だと
思いません?

大事なのは「ギターの弾き方」ではありません。

だから、僕はこのブログでは誰が
発信しても同じ事は極力
言わないようにしています。

誰が言っても同じ内容になること。

例えばギターの弾き方、スケール、
コード。

こんなものは誰が言っても
同じなのです。

でも、コピーの重要性やそもそもの
コピーのやり方。

この辺りは発信しているつもりです。

他の記事でもコピーの重要性を
説いています。

是非、良かったら他の記事にも目を
通していただければ、と思います。

で。

それでコピーの重要性がわかったら
メール講座に登録してメール講座の
中身を実践してみてください。

メール講座では僕が生徒たちに
教えているコピー法を無料で
お伝えしています。

この記事の下からも受講できるので
良かったら必要事項を記入して
受講してみてください。

最後までご覧いただき
ありがとうございました