音を聞く

コピーに励む初心者ギタリストさんが

「なんか、ここ上手くいかなくて・・・」

と言う事があります。

勿論、初心者ですから、出来ない事が沢山あるのは自然な事だし、
それで全然良いんですが、
そもそも練習が無茶苦茶になっている人もいます

そういう人にはある共通点があります。

この記事で、その共通点をちゃんと理解できると
練習の質というのは勝手に向上します。

よく考えると当たり前の事なんですが、
当たり前だと感じることほど注意しておかないと
出来てない事が多いですから、是非気を付けてほしいと思います。

初心者ギタリストが練習する時に絶対にやっておいた方が良い事。

音をよく聞く事
それは・・・

音をよく聞く事です。

楽曲を使ってコピーをして、練習しているなら、
絶対にこれはやらないといけません。

まぁ、スコアと音源をメインにして、
弾き方分からない部分だけ調べて乗り越える、
という方法を取っていると自然とやっている事でもあるんですが。

でも、ことのほか、音を聞いてない人って多いんです。

スコアにはどこを押さえたら良いか書いてありますよね。

だから、それだけ見てやってしまう。

でも、それだと、どうなって良いのか
見えてない状態でやっている様なものなんです。

イメージ出来てないものは弾けません。

だから、しっかりと音を聞いてくださいね。

音を聞く→弾く

この繰り返し。

後は慣れる事。

何回も弾いて荒くても良いから形にする。

そういうアプローチが初心者ギタリストにとっては
後々の事を考えると回り道しないです。