特に難しい曲をコピーしている時に
段々やる気が落ちていくのを
感じる事ってないですか?

曲を使ってギターの練習をすると
多くの人がこの症状を経験します。

僕はこのサイトでもそうですが、
難易度関係なく好きな曲を弾く事を
練習に組み込みます。

この時に選んだ曲が簡単であれば
何の問題もないのですが、難しい場合は
どこかのフレーズが弾けないと言う事が
起こります。

当然、ここを練習すると演奏能力は
大きく高まります。

しかし、この練習も弾けるようになるまで
時間がかかってしまうと段々やる気が
落ちて来る訳です。

なので、今回はこういう場合に
役に立つ視点を紹介します。

いつまでたってもクリアできないフレーズの対処法

難しすぎるフレーズが出て来て、
それがいつまでたっても弾けない時、
どうするべきか?

それは・・・

そのフレーズを練習するのを止めるのです。

身も蓋もない結論ですが、
こうするととても効率的なんです。

時間をかけて練習しても
出来ないと言う事はそのフレーズは
今のあなたにとって

「難しすぎる」事を意味するからです。

時間をかけても弾けないフレーズは
弾けるというゴールが見えにくいのです。

ゴールが見えないからやる気が
落ちて来る訳です。

だから、こういうフレーズは一旦
取り組むのを止めて、あとまわしに
してしまう方が効率的なんですね。

実際の練習はどうするか?

では、練習する曲はどうすればいいのか?

と言う話しになる訳ですが、これは単純で。

違う曲を弾くようにすればいいだけです。

つまり、今弾いている曲は置いといて、
新しい曲にチャレンジする訳です。

こうする事で又、気持ちを新たに
練習できる訳です。

こういうことを言うと真面目な人は

「そんな事してていつになったら
曲が弾けるようになるのか?」

と言いだします。

しかし、ここで思い出して欲しいのですが、
そもそも曲を題材に使っていたのは
演奏能力を高める為でした。

それに最初から一曲通して弾くのは
現実的ではありません。

昨日、野球を始めた人が
今日、ホームランバッターになれないのと
同じです。

昨日、バスケを始めた人が
いきなりダンクシュート出来ないのと
同じです。

音楽も始めたばかりの初心者が
いきなり1曲弾けるなんて事はありません。

だから、初めは曲が
コロコロ変わってしまって良いのです。

このように「練習の成果」よりもはじめは

如何に続けるか?

と言う事が重要なのです。

なので、つまづいたら曲は
どんどん変えてくださいね。

まとめ

では、今回のまとめです。

好きな曲を選んで練習すると難易度が
無視されるので難しすぎてコピーが
進まない事がある。

なので、ある程度練習して弾けない曲は
とりあえず脇においといて違う曲を
やる方が効率的。

初心者は知識、技術、経験において
不足している状態なので、
あまり1曲にこだわる事はかえって非効率。

なので、どんどん違う曲に
チャレンジする方が良い。

・・・とまぁ、こんな感じです。

要するに

はじめのうちは数でカバーしてください、
と言う事です。

出来ないと頭を悩ませるのではなく、
ダメモトでどんどんトライする。

こういうガッツがある方が良い
と言う事です。

ワーク

それでは今日のワークです。

ステップ1 

あなたが今、取り組んでいる曲に対して難しいと感じているか、簡単だと感じているかをチェックしてください。

簡単だと感じている場合は
特に問題ありません。

そのまま、練習を続けてください。

難しいと感じている場合は
ステップ2に取り組んでください。

ステップ2 

違う曲であなたが好きな曲を
選んでください。

ステップ3

ステップ2で選んだ曲を
コメントしてください。

いつもの様にメールフォームでも
構いません。

これが今回のワークです。

ワークをやってくれたら僕もコメントを
返すので、是非トライしてみてください。

今回は難しいフレーズが
いつまでも弾けない時の対処法を
お伝えしました。

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。