目的と手段というのはきっちり分けてやらないとギターというのは上手くはなりません。

その辺の線引きが出来ない人が陥るのがこの練習フレーズ(エクササイズ)ばっかりやっているパターンです。

この記事ではこの練習フレーズばかりやっているパターンが陥る間違いを解説しようと思います。

 

 

練習フレーズを弾く事が間違いというわけではない。

 

「フレーズが弾けない!」

そういう時に一つ易しいフレーズを使って練習するのはとても良い手です。

なので、そういう時に練習フレーズというのは良い道具になります。

 

しかし・・・

 

練習フレーズを弾いたからといってお目当てのフレーズが弾ける訳ではありません。

 

でも、多くの人はこれが分かっていません。

 

速弾きの練習フレーズが弾けた⇒イングウェイみたいなフレーズが弾ける。

こう思っています。

でも、よく考えてみてください。

 

指が速くなったら弾ける

そんな単純なものでしょうか?

 

確かに速弾きフレーズ。

指が速くないと弾けないかも知れません。

でも、だからといって指が速くなった「だけで」弾ける訳ではありません。

 

速弾きを例に出しましたが、別に速弾きだけに限りません。

他のプレイでもそう。

 

練習フレーズはあくまで素材です。

使い方を誤るとお目当てのフレーズはいつまでも弾けません。

 

 

 

練習フレーズを上手く使うには?

では、練習フレーズを上手く使うにはどうしたら良いのでしょうか?

 

それには、何を目的として練習フレーズを使うのか?

というのが明確になってないといけません。

 

これが明確になってないからいつの間にか

練習フレーズを弾く事が目的になってしまうのです。

これでは意味がありません。

 

練習フレーズはあくまで目当てのフレーズを弾けるようにするためや

演奏スキルを修得するための道具にすぎないからです。

 

その意味でギター初心者さんが練習フレーズを自分で選んで使う事に僕は反対です。

 

なぜか?

⇒その練習フレーズがどう機能するかなんて、初心者で分かるはずがないから。

 

だから、愚直に楽曲コピー、フレーズコピーを薦めるのです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。