small__12662497905
弾けよう! photo credit: __MaRiNa__ via photopin cc

楽しいことだけをやりましょう

これは僕がギターを教える上で
一番徹底して生徒達に
やらせることです。

リアル、オンラインのレッスンは勿論、
このブログやメルマガなんかでも
一貫して

「楽しいことだけをやれ」

というメッセージを発しています。

ただ、この楽しいことをやると
どうなるのかって事がわからない人
って結構多いので、僕が体験したこと
の中から幾つか紹介しようと
おもいます。

 

楽しいことをやると得られるモノ

  • アクションが出来る
  • ブレない
  • 冷静になれる

このへんでしょうか。

魅力無いですか?(笑)

「特に・・・」

という感じでしょうか。

でも、これはスゴイことなのですよー。

  • アクションが出来る
  • ブレない
  • 冷静になれる

これはギターが上手くならねーとか
言って練習方法なんかを
探している人に欠けている要素ばかり。

つまり、これが揃ってたら別に
ストレスもなく、無理もせず
ギターなんて楽器は
順調に上達するのです。

それをいちいち

「効率的に・・・」
「回り道せずに・・・」
「スマートに上手くなる」

こんな下心を出すから上手くならないのです。

最悪、色んな情報に振り回されて
金はかけどもうまくはならず・・・
となるのです。

挙句の果てには
「センスがない」
と自らの境遇を呪うはめになるわけです。

でも、楽しいことができると

アクションが出来る
ブレない
冷静になれる

これが「ストレスなく」出来る様に
なる。

何も意識せずともこうなっている
感じです。

これが非常に強い。

こうなると実は非常に効率的
だったりします。

はためには一見ムダな事を
やっているようにも映るのですが、
実はそうじゃない。

その辺の詳細は又改めます。