やってみたい曲が決まったら、
次はその曲をコピーする事です。

このコピーすると言う作業。

ここにも落とし穴があるので、
この記事ではそのあたりも解説できたら、
と思います。

コピーの全体像

まずは、コピーの全体像を
紹介しておきたいと思います。

コピーのやり方は単純です。

  • 曲のスコアを手に入れる
  • 曲を聞きながら、そのスコアを目で追いかける
  • スコアを参考に弾いていく

というこの3ステップです。

このステップ自体は何も変わりません。

これから推奨するコピーであっても
一般的なコピー法であってもやり方自体は
変わりません。

問題はそのやり方にどう取り組むか?
なのです。

おすすめコピー法の特徴

お勧めするコピー法というのは
さっき解説した3ステップを
どう取り組むか?という部分に
工夫を入れます。

一般的にコピーというと、
一曲弾く事が目的になっています。

しかし、おすすめするコピー法では
一曲弾く事が目的ではありません。

弾けないテクニックを探す事を
目的にしています。

一曲弾きとおす事が目的にならないから
曲をどんどん変えても構いません。

こういう風に取り組むので
挫折することなく上達する事が
できるようになります。

コピーの注意点

おすすめするコピー法は
さっき言ったような特徴があるので、
このコピー法は難易度とか関係なく、
とにかくやってみる事が重要です。

「あ、かっこいいな」

と思うフレーズが見つかったら
とにかくコピーしてみる。

これが重要です。

そして、出来ないものにはこだわらない
というのも重要です。

最初は出来ないモノの方が多いです。

だからそれにこだわるのではなく、
さっさと曲を変えてとり組むのです。

このようにしてコピーを進めていって
今のあなたができない事、練習するべき事を
見つけていくのです。