「指が短いけどこんな私にもギターが弾けるんだろーか」

「指が短くて弾きたいポジションに届かない」

日本人は特にそうですが、手が小さい人、指が短い人が多いので

指の悩みはよく耳にします。

 

そこで、この記事では、指が短い人が何をしなければいけないのか?

ということを書こうかと思います。

 

指が短い人がやらなければいけない事。

これはストレッチです。

 

指の水かき部分を伸ばすのです。

 

こうする事で指が短かろうが大きく広がるようになる事で

遠くのポジションに届くようになるわけです。

 

だから、「指が短い!だから私には・・・」と嘆く前にストレッチをやることです。

指の短さのせいにするのはストレッチを充分にやった後です。

 

 

指のストレッチのやり方

これは簡単です。

 

指の間にもう片方の手をげんこつにしてねじ込むだけです。

 

イタ気持ちいいと感じる程度で良いのでこれを

手癖にしてください。

 

この手癖にするという事が重要です。

ストレッチをお伝えすると多くの人はそのやり方に正解を求めますが、

そこは重要ではありません。

 

如何にたくさんストレッチをやったのか?

 

ここが重要です。

 

体をギターに合わせて変形させる事になるので

くれぐれもやりすぎには注意しないといけませんが、

いた気持ちいいくらいの感覚が得られる程度のストレッチを

しょっちゅうやると2週間~1カ月くらいで指が開いてきます。

(※もちろんここには個人差がありますのでご了承を。)

 

なので、指が小さいと悩んでいるなら是非、お試しくださいませ。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。