現在、公開している「ギター初心者の為だけのギター講座」ですが、
その内容についてのお問い合わせをよく頂くので
この記事ではテーマについて示そうと思います。

初心者の為だけのギター講座のテーマ

先ず、テーマは

ギター初心者がちゃんとギターを弾けるようになる事

これがテーマです。

この「ちゃんと」という部分が非常に重要で。

心身ともに「可能性を捕まえられる状態」になる事をねらいます。

というのも多くの人はココを捕まえる事が出来てないように
思うからです。

 

 

「可能性を捕まえる」とはどういう事か?

 弾けるようになりたい。

これはギター弾く人がだれしも思うことですが、
「弾けるようになる」為に多くの人は・・・

エクササイズを使ったり
教則本を使ったり
色々検索しまくったり

するわけです。

でも、こんなことはする必要は本来ないはずです。

これが絶対に必要なら、昔のミュージシャンの上達プロセスには
説明がつきません。

何故なら、昔は、

エクササイズも教則本もネットもないのだから。

でも、現代においても「この人にはかなわない」と
言わしめるプレイをする昔のミューシャンはたくさんいますよね。

つまり、エクササイズ、教則本、検索、
これらは上達に必要な条件ではありません。

でも、僕たちの周りにはこれらがあるわけです。

だったら、それらを正しく使って、
ギター上達に活かす事が出来れば良い訳です。

そういうマインドが身についていれば良いわけです。

それをするには先ずは、体験量が必要です。

だから、体験を通して、しかるべきマインドをセットさせる。

 

それが出来たら理論書とか、エクササイズとか練習法とか、

そういったものから「可能性を捕まえる」事が出来るようになるのです。

 

例えば、体験量を元にしたマインドがセットされていれば・・・

 

エクササイズで何をするべきかがわかるでしょう。

理論を活かして作曲やアドリブと言ったレベルが高いと思われている技術に

手を伸ばし、モノにする事が出来るでしょう。

 

こういった事が心身ともに「可能性を捕まえられる状態」になる事であり、
それが同時にギター初心者がちゃんとギターを弾けるようになる事に
つながる訳です。

それを一つ一つ解説するのが初心者の為だけのギター講座です。

ご興味がある場合は以下にフォームがおいてあるので
是非、受講してみてくださいね。