独学でギター練習する人が持っておくべきスキルで
リサーチの重要性をお話ししました。

独学でギター練習する人が持っておくべきスキル

しかし、独学というのはやはり厳しいもので、
ココが出来てもまだ問題があるのです。

今回はそんなお話し。

 

 

リサーチが出来る人が陥る問題点。

それは、情報に対するバランス感です。

 

独学で頑張っている人とメールのやり取りとか、お話しすると、
これがホント下手だと感じます。

 

一気に色んな情報に接して、どれも中途半端な実践になって
結局上手くいかない。

何やって良いか分からない。

こうなっている人は凄く多いです。

 

このブログでも、

「まずは弾け。」

という事をお伝えしてはいますが、そういうのをお伝えしても

大体多くの人は必要以上の事をやります。

 

例えば、エクササイズ、例えばスケール練習。

 

そして、そういう事に警鐘を鳴らすと、
今度はなんでも聞けば良いとばかりに、
誰に聞いても同じ事を聞いてきます(笑)

 

例えば・・・

チューニングのやり方教えてください。
ハンマリングのやり方を教えてください。
弦交換のやり方を教えてください。

等々。

 

これは誰が発信しても答えは一つです。

もしくは一つではなくてもどれを採用しても問題のない答えです。

こういうのこそリサーチするべきなんですが、
何故か多くの人はこういう質問をしてきます(笑)

 

練習方法は漁るのに知識的なモノは調べない

というバランス感の悪さ。

 

もちろん、問題は

ココをどうやってバランスとるか?

っていう部分なんですが、長くなりそうなので別記事にします。

また、よかったら見てみてください。

 

とりあえず、独学をやっていて
上手くいかない場合はこの辺を見直してみると良いかと思います。