Original Update by Global Jet
Original Update by Global Jet

スピードにこだわる

これも「ギターで上手くならない」と嘆く人の特徴です。

やたらに速さを気にしてしまう。

まぁ、気持ちはわかるんです。

そういう風になってもいたしかたない理由がありますから。

 

その辺のことも含めて何故これが間違いなのか?

そして、どうすればいいのかを解説します。

 

 

 

スピードにこだわる原因

 

Original Update by amalakar
Original Update by amalakar

僕はこれ、日本人だからだと思っています。

 

日本人は真面目です。

そして細やかです。

 

そして、僕らがやっているような曲

⇒それなりのスピードを持っています。

 

ここで日本人の真面目で細やかな気質が裏目に出ます。

⇒原曲のスピードで弾けないとダメという思い込み

 

これが原因だと思っています。

 

確かに、原曲のスピードで弾けないと原曲みたいに聞こえないのは確かです。

しかし、それは最終的にそうなったら良いだけの話し。

初めからそのスピードでやれとはだれも言っていない訳です。

 

それによく考えてみたら明らかですが、

プロが作った曲をいきなりギター初心者がおなじスピードで弾けると思うのが

そもそもの間違いです。

 

だからスピードにこだわるのは実は無駄以外の何物でもない訳です。

 

 

 

スピードにこだわる人はどうするべきなのか

 

Original Update by petercastleton
Original Update by petercastleton

これは簡単。

スピードに本当にこだわるなら、遅く弾くことです。

そうでないとスピードは身についても中身むちゃくちゃのプレイになりますから。

 

だから、ホントにスピードにこだわるなら先に弾いているものの質を高めることが重要です。

⇒遅く弾くことは実は近道

 

じゃあ、今度は

「どこまで遅くしたらいいんだー」

っていう人が出てくるんですが、ここで歌が活きてくるわけです。

 

歌えないものは弾けない、や速いフレーズ、で紹介していることが活きてくるわけです。

 

Original Update by William Christiansen
Original Update by William Christiansen

ギターと言うのはちゃんとやり方があります。

初心者には初心者の練習法があるのです。

この辺のことは無料メール講座で公開しているので興味があればこのページの

下のフォームからご登録を。

 

もし、あなたがスピードにこだわっている人なんだったら

是非、この機会に考え直してみると道が開けるかもしません。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。