実は練習の効率を高める為にストラップが
効果をもたらすことをあなたは知っていましたか?

この記事ではストラップがもたらす
ギター練習の効率性を紹介します。

立ってギターを弾く。

これはライブをするときには重要になる考え方ですが
そもそも立って練習する事を考えると必要になるのは・・・

ストラップですよね。

ストラップをつけないと立って弾く事は出来ません。

だから、練習の時からギターには
ストラップをつけたままにしておく事が必要なんです。

そして、練習する時には
常にストラップを肩にかけておく。

座って弾いていてもです。

この様にしておくと、いつでも思い立った時に
立ってギターを弾く事が出来るようになります。

これをストラップをつけずに練習していると
どうなるかと言うと・・・

という3ステップになります。

しかし、初めからストラップを肩にかけて弾いていたらどうなるかというと・・・

このようにステップが1つ省略される訳です。

これは細かい、ちょっとした事ですが、
こうするだけで無駄なステップを省く事が出来るので、
練習効率がわずかながら高まります。

小さな事なんですが、ちりも積もればなんとやらで
日々の練習に入れると大きな効率化になります。

よかったら練習する際に取り入れてみてくださいね。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。