ギター練習のやる気が出ない時は? | 練習できない自分がクソだと感じた時に読む話

今、僕のやっている通信レッスンのfoではクソ宣言が流行っているようです笑
※ちなみに今foは募集していません。

ギター練習にやる気が起きない、ギター練習を通じて変わろうとしたのに変われない自分をクソだと宣言するわけですね。
これは一種の自己嫌悪だと思って僕は見ています。

そして、自らをクソだと思う瞬間は誰にでもあるわけです。
当然、僕にだってありました。
あなたにもありませんか?

この記事ではギター練習にやる気が起きない自分、変われない自分をクソだと言って自己嫌悪している方に向けてのメッセージです。

やる気が起きない、変われない、クソな自分を変えられない理由

「ギター練習にやる気が起こらない・・・」
「ギターを通して自分を変えようとしてるのに変われない・・・」

これは多くの人が感じていることだとおもいます。
実際、うちの生徒さんにもこのケースは多いです。

でも、努力を積み重ねても大体の人は変われません。

何故だと思いますか?

ちなみに、本当にクソだと思えたならおそらく何も言わなくても変わります。
僕がそうだったように。

ちなみに僕もクソでした。
布団の中に潜ってクソスピの本をえー歳こいたおっさんが読んでいるわけです。
完全にアウト笑
オワッてるじゃないですか笑
でも、今じゃ幸せに、好き放題やって生きているわけです。
むしろ、好きなことしかしてないです笑

勿論、これは自慢ではなく、誰にでも出来ることです。
多くの人はやらないだけです。

「変わりたーい」と口では言いながら何もしないのが一般的です。

でも、変われないのは当然なんです。
だって変わる必要がないから。

ギターもそうです。
頑張る理由が無いからやる気も何も出ないのです。

実は「演技」している

理想があれば頑張れる。

こんな事もよく耳にします。
個人的には間違いだとは思っていませんが、理想があるから頑張れるわけでは無いとおもいます。

実は理想は頑張る理由にはならないのです。
理想が頑張る理由になるのは理想を形に出来そうな気がしているから。
到底実現しそうにないと感じている理想は形には出来ないと思うのです。
でも、とりあえず頑張ってみる。
ところが理想を形に出来そうな気がする段階の前にガス欠してしまう。

これはクソをやっている時代にはよくあること。
でも、これも理由がないから当然なんですよね。

つまり、実は「現状で良い」と思っているけど「理想」を掲げている状態なんですよね。

本心は「今のままで良い」となっているから当然ガンバらない。
でも、そうだと暇になってしまうのです笑

だから、クソみたいな事をやって、「悩み」をでっち上げる笑
何もアクションしない事で「悩み」をでっち上げる。

つまり演技。
これが真相で、無意識に人がやっている事だと個人的にはおもいます。

つまり「クソ」を自ら演出するわけです。
勿論、無意識でしょう。

少なくとも僕は今から思い返すとそうでした。
そして、うちの生徒さんにもそういう演技をしている人がすごく多いです。

これって自己嫌悪がある人は多かれ少なかれこういう要素はあるんじゃないでしょうか?

もし、あなたがギター練習できない、自分を変えられないクソな自分をなんとかしたいと思うなら、まずはこれを見つめ直すことがファーストステップになるとおもいます。

で。

これが出来たら次は何をしたら良いのか?

それは又、機会を改めます。