ギターの練習してますか?

今回はギターを弾くのと同じくらい重要な
行為があるのでそれについてお伝えします。

今回の記事の内容は実際に
ちゃんとやれている人が少ない印象です。

そして、ちゃんとやれてないからこそ
多くの人が軽く見ている行為でもあります。

でも、ちゃんとやる事であなたの音楽を
良いものに変えてくれるので是非
実践して欲しい内容です。

逆に今回お話しする事が出来ない人は
必ずギターの成長は頭打ちになります。

なので、読むだけではなく、
絶対にやって欲しいと思います。

では、まいりましょう。

ギター弾くのと同じくらい重要な行為とは?

これは音楽を聴く事です。

「え―、そんなことかよ・・・
そんな事ならやってるよ」

多くの人がそう思うだろうし、
もしかしたら今、これを読んでいる
あなたもそう思っているかも知れません。

でも、音楽をちゃんと聞いている人って
意外と少ないのです。

例を出すと・・・

ある程度弾けるようになるとアドリブとか
やりだす訳ですが、そういう時に
良くあるのが

『ネタがない』

という状況。

普段からしっかり音楽聞いていると実は
こんな事あり得ない訳です。

何故なら、

「何を弾いたらいいのか分からない」

という状態だからです。

これはちゃんと音楽を聞いていないから
起こる現象である事が多いです。

音楽を聴いていても流し聞きをしている、
というかしっかり聞けてないんですね。

その証拠にギターのフレーズ1つでも
歌わせると歌えない事が意外と多いです。

音楽の聞き方

では、そんな音楽の聞き方ですが
どうやって聞けば良いんでしょうか?

これは歌えるまで聞く事です。

興味を持った曲のギターラインでも
なんでも良いので歌えるようになるまで
聞く事です。

歌えるという事は頭の中でイメージが
無いと出来ない行為ですから
歌えるようになるまで聞くと言う事は
ある程度ちゃんと聞いてないと
出来ないのです。

だから、是非、歌えるようになるまで
聞いて下さいね。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。