ギター初心者の為の練習方法は「とにかく弾く」

前回の記事でも述べましたが
初心者ギタリストさんにとって一番重要なのは体験量です。

前回の記事

体験量が無いと言う事は何もしてないのと同じですから、
いくら練習法や、知識を手に入れても結果を出せなくて当然です。

何も「数稽古をしろ」とは言わないし、
「効率の良い練習方法を採用してはいけない」とも思いません。

でも、初心者ギタリストさんはそんな事を
考えべきではないと思います。

 

とにかく弾く。

で、上手くいった事、いかなかった事。

それをたくさん経験する。

これが初心者の段階でやるべき事です。

 

初心者というのは知識も経験もない状態の事です。

知識も経験もないからそれらを充実させる事が重要なんだけど、
何故か多くの人は知識を得ようとします。

 

「○○のフレーズは○○スケールを使ってて難しい」
「○○のコードの構成音は○と○と○で・・・」
「効率的な練習法が・・・」

こういうのが典型例ですよね。

正直、スケールとかコードなんて後で良いし、
効率的な練習法も何もそもそもギターの経験が無いのに
効率的なモノを見つける事など出来る訳が無いのです。

何故なら、効率的というのは何かと比べないといけないから。

なにかと比べて初めて「効率的」と言える訳です。

初心者ギタリストというのは知識、体験量が無いのだから、
当然、比べるモノをもっていない状態です。

効率的というのは比べないと成り立たないのだから、
効率的な練習法がどーのこーの、
というのは無駄になる事が多い訳です。

 

だから、色々頭を使う前に、

とにかくやってみる。
とにかくギタ―を弾いてみる。
とにかく音楽を聞いてみる、見に行ってみる。

そういう体験をたくさんしてみてください。

それだけで随分とやれる事が増えると思います。