ギター初心者の為の教則本の使い方
教則本ってどうやって使うべきなのか?

ギターが上手くいかない悩む初心者ギタリストに
練習法を聞くとまずほとんどの人が教則本とかを使って練習する、
という練習方法を挙げます。

後、多いのは練習法とかをネットで検索し、
エクササイズとかをとにかくやりまくっている、

というケース。

どうでしょうか。

あなたもやった経験があるかもしれません。

そうだからこそ、この記事を読んでくれているのかも知れません。

この記事ではそんな初心者ギタリストさんの悩みを消す為の記事を
書こうと思います。

この記事を読めば教則本や練習法サイトの使い方が
分かると思います。

では、まいりましょう。

 

ギター初心者の為の教則本の使い方

ギター初心者の為の教則本の使い方
これは

絶対にメインとしては使わない、

という事が非常に重要です。

このブログではずっと一貫していっていることですが、
初心者ギタリストさんにとって最も大事なのは体験量です。

ギターを弾いた
色んなギタープレイに挑戦した
たくさんの音楽に触れてみた

という体験です。

この体験が無いのに何も知らないからと、
教則本をメインに使ってしまうとろくなことになりません。

まずは分からなくても良いから
やってみたい曲を弾く事を考える事。

最初はスコアを手に入れて練習する事になるかとは思いますが、
大体スコアには意味不明の演奏記号とかが載っているはずです。

それが分からない時に初めて教則本なり、
教則サイトなりを利用するのです。

最初から教則本を利用すれば最短で上達出来ると思いがちですが、
そんなことはありません。

そんな簡単なら、誰もがギターの事では苦労しません。

勿論、教則本に書いてある事は間違っている訳でもありません。

掲載されている内容はむしろとてもまっとうです。

しかし、それに対してどう取り組むかは別問題。

最初から教則本を当てにしてしまうと
結局やりたかった音楽はやりたいように
出来なくなってしまうのがオチです。

いきなり、曲に挑戦するなど無謀に思うかも知れませんが、
そもそも曲を弾きたい、音楽を奏でたい、
という理想がある以上、これが最短の練習方法です。

是非、教則本の使い方、考え直してみてはいかがでしょうか?