よく教室やメール等で質問される事の中に

「ギター初心者なんだけど、

モチベーションをどうコントロールしたら良いのか?」

というのがあります。

 

今回はこういう悩みに対するヒントを書こうかと思います。

 

 

ギター初心者の為のモチベーションコントロール法

これは音楽的な刺激をいれる事です。

 

例えば・・・

  • 今まで聞かなかった音楽を片っ端から聞く
  • ライブに行く
  • 動画を見まくる

 

こういうのです。

 

このように自分の中に新しい音楽体験をいれる事で

モチベーションというのは簡単に上がります。

 

たったこれだけです。

以上・・・・とやると味気ないので以下でどういう事なのか

解説します。

 

あくまでも僕が自分の音楽活動や生徒と関わる中で

体験的に理解した解釈なので学術的正確さは保証できません(笑)

 

 

モチベーションとは何なのか?

先ず、皆が良く使う「モチベーション」とはいかなるものでしょうか。

motivation

〈…する〉動機(づけ), 刺激,やる気 〈to do〉

引用:weblio

ココからもわかるようにモチベーションというのは

「やる気」という意味以外にも

「動機、刺激」という意味があるのです。

 

つまり、「動機つけられている状態」。

これがモチベーションが上がっている状態です。

 

 

「ギターが弾きたい!」という気持ちになった事はあるかと思います。

その時の事をよく思い出してほしいのですが、何もしてないのにいきなり

「ギター弾きたい!」って思いませんよね?

 

誰かの演奏を見た、とかテレビの歌番組で

誰かがギター弾いていて「カッコいい」と思ったとか、

色々あるはずなんです。

 

つまり、「ギター弾きたい!」と言う思いの裏には

何らかの動機付けがある、という事になります。

 

では、その動機はどこから来るのか?

という事がわかれば良いわけですが、

それは今までの自分になかった(もしくは久しぶりに感じる)

刺激だと思うのです。

 

 

例えば、誰かの演奏を見てカッコいいと思ったとします。

この場合、

「誰かの演奏」という刺激があるわけです。

 

そして、「自分もそんな風に演奏したい!」と思えれば、

モチベーションというのは上がる訳です。

 

じゃあ、意図的にモチベーションを上げるには?

⇒刺激をいれまくれば良い。

 

という事になるわけです。

 

これがたくさんの生徒と関わり、自身の音楽活動を通して結論付けている

モチベーションコントロール法です。

 

良かったらご参考に。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。