この記事ではギター初心者さんにとってのチューナー選びの基準を
お伝えしようと思います。

 

この記事で今のあなたに合った基準を選んでチューナー選びに
役立ててください。

 

では、まいりましょう。

 

あなたはチューナーをどうやって選んでますか?

世の中にはたくさんのチューナーがあります。

 

よくある携帯型のチューナーや、エフェクタータイプ、
クリップ式のものやケーブルのジャック部分だけが付いているモノ。

中にはソーラー電池になっていて電池の入れ替えが
必要ないものもありますよね。

 

しかし、チューナー1つでもこんなにあると
何を選ぶべきか、判断に困るところです。

 

結果、色やデザインで選んでたり、価格で選んだり、
中には「ずっと使うから」という理由で
やたらに高機能なものを選んだりする訳です。

 

しかし、これは機能しない事が多いのです。

 

色やデザインは持っていて「かっこいい」という
自己満足を満たしてくれるだけです。

 

価格で選ぶと粗悪なものを選ぶようになるだろうし、
高機能なものは使いきれません。

 

「将来的に使えるから」という理由で高機能なものを
手に入れようとする人はいますが、ぶっちゃけ商品なんて
改良されたものが次から次へと出るもんです。

 

今、使いきれないものを手に入れて、腕が上がった時には
今よりももっと良いものでその時の自分にとって使い勝手の
良いものが出ていたりするのはよくある話です。

 

このようにチューナー1つですが、ちゃんと選ぶのって本当は難しいのです。

 

でも、チューナー一つでもちゃんと考えて選ぶと
練習効率を上げる事が出来るのです。

 

 

 

ギター初心者さんが持つべきチューナー選びの基準

そんなギター初心者さんにとって
機能すると思うチューナー選びの基準は・・・

 

素早く練習に向かわせてくれるもの

 

これです。

 

意外とチューニングって時間がかかります。

その上、めんどくさい。

でも、絶対必要なものだし、やらない訳にはいかないのです。

 

しかし、ギター初心者さんにとって重要なのはチューニングではなく、
ちゃんとチューニングされたギターで行う練習です。

 

決して高機能なチューナーではないのです。

 

練習の質と量が一番重要になるギター初心者さんだからこそ、

素早くチューニング出来る、

これを判断基準にするべきだと思います。

 

是非、この視点でチューナーを選んでくださいね。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。