ギター速弾きなんかうまくならなくてもいいかも・・・?ギターの速弾き。
これってギタリストの憧れ
だったりしますよね。

そして、これが出来る人は
ほぼ例外なく
「ギター上手い人」という
レッテルを貼られます。

だからでしょうか。

速弾き出来る人のいっている事は
正しい

みたいに思っている方
って結構たくさんいるんです。

この記事ではそういう人に
ちょっと視野を広げてもらえる
ことででも書こうかな、と。

良かったら参考にしてみてください。

本当に「ギターの速弾き出来る人=上手い」なのか?

先ず、結論から。

ギターの速弾き出来る人=上手い

これは半分正解です。

半分というのがもちろんミソです。

ここには実は前提があって

「ちゃんと弾けるなら」

「音楽として無理なく
聞けるレベルで出来るなら」

というのがあって初めて成立すると
思っています。

もちろん、指を高速で動かす事は
そう簡単には出来ませんし
ピッキングだってスゴイ速さで
的確に行う事は至難の技です。

その意味では、上手いというのは
確かです。

しかし。

それも音楽として伝わらなかったら
意味がないのです。

ギター速弾きなんかうまくならなくても全然良い?

そもそもギターが上手いとは
どういう状況でしょうか。

これは個人的には

思った通りの音楽を伝えられる状態

だと思っています。

世の中には速弾きに命を
かけている人がいる事は知っているし、
速弾きが多くの人の憧れになっている
ということも重々承知しています。

でも、そもそもそんなに頑張っても
伝わらなかったら?

とても残念な話だと思いませんか?

でも、僕は個人的にはこの状況に
陥っているギタリストは
多いと思っています。

どうやったら音楽は音楽としてちゃんと伝わるのか?

では、どうやったら音楽を
ちゃんと伝える事が出来るのか?
という事が大事になってきますよね。

そして、速弾きに憧れる
ギター初心者は何をやるべきなのか?

ということもこの記事を
読んでくれているあなたにとっては
重要だと思います。

これ、答えは単純で。

リズムギターを極めてください。

というのが僕の答えです。

もちろん、「極める」というのは
非常におこがましい言い方ですが、
そういう気持ちでやった方が良いよ、
ということです。

理由に関しては長くなったので
別記事にしようかと思います。