small__93235624
ギターの練習方法漁る前にやるべきことやってます?photo credit: the bbp via photopin cc

練習法って沢山ありますよね。

ただ、それらが悪いわけじゃないと
思います。

別にどんな練習法もちゃんと
考えられている訳です。

しかし、その使い方が問題
なんですよねー。

 

 

さて。

こちらの記事でもお話しましたが、
練習法ってのはあなたの今の状態に
あわせて選ばないといけません。

ギターの練習方法って実は恐ろしい?

でも、ギター初心者に選べますか?

選べるわけ無いですよー。

だって初心者だもの。

何が上手くなる練習で何が
上手くならないか、
そんなもん分かるはずがない。

単にやっている事は
「これ、『よさそう』」と
思うものをやるわけです。

そして、それしか出来ないはず。

でも、その感覚、
正しい決断になると思います?

なりませんよねー。

だって初心者が感じる
「良さそう」ですよ?

あてになるはずが
無いじゃないですか(笑)

これは別に初心者であるあなたを
バカにしているとかではなく、
初心者とはそういうものだ、
ということを言っているわけです。

これは良い悪いの話ではありません。

そういうものだし、それでしか
いられないし、仕方ないことなのです。

ギター初心者が練習方法を使う前に必要な事

「じゃあ、どーしろと?」

って事がここまで来ると
重要になりますよね。

これ、実際めっちゃ簡単なんです。

やりたいことをやってください。

例えば

この曲が好きだとします。

この曲を弾いてみたいとします。

じゃあ、その時に

「うわー、難しそう」

とか思うんじゃなくて、
まず、弾いてみるんです。

だってこれが弾きたいんだし、
弾けるようになったら
満足なわけですよ。

だったらまず、弾いてみる。

弾けるかどうかなんて気にしない。

弾けなかったらその時に考えたら良いんです。

それこそ、今はネット時代なんですよ。

だったら楽譜こそ、
検索したらいいじゃない
ってことなんですよね。

曲名 tab譜

とかって入れると出て来るし(笑)

なんせ、そうやって楽譜見つけて弾いてみる。

そうやって自分なりにやってみて、
何かに行き詰まった。

その時に初めて情報が活きるのです。

だからまずは自分の感覚を頼りにやってみる。

これが重要です。

ここで先に情報を漁るから
わけがわからなくなる。

先に書いたように、
初心者さんというのは情報を
選別出来ません。

他にもこんな特徴もあります。

ギター初心者さんとはどういうことか?

でもね。

右も左もわからない
初心者さんだからこそ実は一つだけ
頼りに出来るモノを
持ち合わせているのです。

それが楽しいという感覚。

これだけは絶対にあなたを
裏切りません。

あなたが楽しいと思えることを
とにかくやるんです。

これにフォーカスする。

すると、普通にストレスがなくなる
というのもあるし、
何をその時に学べば良いのか?

ということも分かるようになります。

ただ、それを全部あげると大変なので、
次の記事に回そうかとおもいます。