ギターの練習で迷っている?そんなアホな事する必要ありません
ギターの練習で迷っている?そんなアホな事する必要ありません

「ギター弾くのになかなか時間が
取れない・・・」

こんな人は多いですね。

でも、もしかしたらあなたは実は
時間がないから弾けない
のではないのかも知れません・・・

 

 

 

 

ギターを弾く時間がとれない人の違う原因

「ギター弾く時間がなかなか
とれなくて・・・」

こんな風にいう人います。

でも、よーく話を聞いてみると
「時間」意外の原因がある人って
いるんです。

それ、何かっていうと・・・

迷っている

ということです。

これが原因になっている人が
よくいます。

「何で迷うの?」

っていう話ですが、これ、
「ギターの練習方法で迷っている」
のです。

「えぇっっっっ!そんなんさっさと弾けよっっっっ!」

って言うあなたはここから前は
読む必要がありません。

サクッとこのサイトを
閉じてくださいな(笑)

でも、

「え・・・?それ、俺やん・・・」

って人はこっから先は
読んでくださいね。

損させませんから。

 

練習方法で迷うとは何か?

練習方法で迷うってのは要は

「この練習方法も良さそうだ、
でも、これもあれも良さそうだ。」

と思っているってことです。

コードを覚えよう、というのも
良さそうだけど、ドレミを
把握するのもごもっともだし、
そもそも指を動かすための
エクササイズもいるよな・・・

うーん・・・

何するべきなんだろー。

っていう感じ。

まぁ、何ともはやって感じですが
本人は思っている以上に
深刻だったりします。

 

練習の中身分かってますか?

でもね。

これっておかしいんです。

だって、ギター初心者が

コード覚えよう
⇒なんで?

ドレミ把握しよう
⇒なんで?

エクササイズしよう
⇒なんで?

これ、全部理由答えられないでしょ?

それが基礎だからとか言うなら、
基礎って何よ?

って話になる。

それもわからないのに練習って
言えるんでしょうか?

まぁ、基礎についてはこちらでも
話しているから参考までに。

ギターの基礎

要は、

やる目的も理由も何も
わからない状態でただ単に
言われたからやる、読んだからやる、
誰かに聞いたからやる、

ってのは
失敗するよってことです。

それに、それ、そもそも面白く
無いですよね。

誰が弾くギターなの?
誰が練習するの?

あなたですよね。

それを周りや他のモノに
委ねていいの?

周りが間違ってたら?
あなたが参考にした教材が
間違ってたら?

結局、参考にする、と言うのは
あなた以外の他人が
考えたものなんですよ。

その他人は間違っている可能性は
ゼロですか?

教科書一つ取ったって時代がたつと
内容が変わるんですよ?

学校教育みたいな国を挙げての
事なのに内容変わるんですよ。

ギターみたいな国家レベルみたいな
ものとは縁が無い、いわゆる
「遊び」の情報に間違いが無い
なんて考える方がおかしいと
思いません?

「うん、わかったよ、
間違いはあるかも知れないよね・・・
でも、じゃあ、私はどうしたら
良いの?」

ってなりますよね。

 

ギター初心者のための究極の練習方法

これは簡単。

コピーをやれば良いんです。

コピーというのは誰かのプレイを
マネル事。

そのマネをする相手はあなたが
カッコイイと感じるギタリストの
マネをすればいいんです。

ってか、それがコピー。

これは、なんでいいかって言うとね。

実践的だからです。

つまり、あなたが弾きたいと
思っているプレイをそのまま
体験することができるからです。

だから、当然、あなたが無意識的に
なりたいと思っている姿に
連れて行ってくれるわけ。

なのに、皆色んな思い込みがあって、
そういうことをしない。

だから、迷うんです。

「この練習方法がいいんだろうか?」
「いや、あの練習が
いいのかも・・・」

とか言いだすんですよ。

何も難しい事は無いのです。

やりたいことやったらいいんです。

で。

取っ掛かりとしてはコピーが最善です。

先ずはある程度弾けないと
意味ないので。

ということで、ギター初心者に
とって究極の練習法というのは

コピー

なんです。

他の記事でもコピーの重要性を
お話しているので色々
見てもらっても良いし、
無料講座でもコピーの手順を
お伝えしています。

良かったらご利用ください。