ギターにはコード表と言うのがありますよね。

 

あれ、最終的には必要ないんだけど、

ギター始めたばかりの初心者さんだったら役に立つツールになりえます。

 

この記事ではギター初心者さんがコード表をどう使ったらいいのか?

という事をお伝えします。

 

 

 

コード表の使い方

コード表はコード弾き語り系のギタースタイルを練習する時に使ってください。

 

詳しくはコード譜を使ったギター練習法を参考にしてください。

 

正直、それ以外、活用するメリットが実はありません。

 

 

そもそもコード表というのはコードの押さえ方が載っているものですが、

正確にはこれは、コードの押さえ方の「一例」が載っているものです。

 

一例、つまり、ホントはもっとある

という事です。

 

でも、いきなり全てを出すと何をどう使っていいのか分からないから

「とりあえず一例を」と言う事で示してあるものです。

 

だから、初心者の内しか「使えない」代物なのです。

 

ある程度弾けるようになったら、

コード表を使わずに、コードネームだけを見て弾く練習を

取り入れた方がいいのです。

 

↑この方が自由ですから

 

なので、コード表はギター始めたばかりの初心者が

最初のイントロダクションとして使う為のモノである、と言う事が

伝われば良いなぁ、と思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。