ギターと握力。

昔からある悩みですね、これは。

そして、ギターが上手くいかない人が共通して思いつくポイントでもあるのです。

今回はこの握力とギタープレイの関係についてお伝えします。

 

 

ギターに握力は必要か?

では、結論から。

要りません。

 

と言うか、正確には

鍛える必要がありません。

 

 

大体、ギターに握力が必要かと考える人は

「必要なんだったら鍛えよう」という真剣さを持っているものです。

 

だから個人的にはとても良い悩みだと思います。

 

が。

 

必要ないと言うのが僕の答えです。

 

 

 

なぜ握力を鍛える事は必要ないのか?

 これは

ギターは左と右の手のタイミングがあっている事が重要だからです。

 

 

握力が必要と思っている人は左手が速く動けば良いと思っている人は多いのですが、

実際はそこが解決されたとてタイミングが合わないとちゃんと音は出ないのです。

 

そして、タイミングを合わせると言う視点で見た時に、握力と言うのはあまり必要がありません。

 

 

もちろん、握力ゼロでは弾けませんが、ギターに必要な握力なんてのは

ギターを弾いていると自然と身につくものです。

 

だから・・・

↓こういうのや

↓こういうのは

必要ないのです。

 

そんな事をする時間と情熱と努力はギターを弾くことに向けた方が

未来は明るとい思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。