過去記事でギター弦についての考え方を紹介しました。

ギター弦の3要素 自分に合った弦を選ぶために

この記事を踏まえて実際僕が使っている練習用のギター弦を紹介します

 

具体的にこうやって選んでいる、 という実例になると思うんでよかったらご参考に。

 

 

練習用弦のおすすめはエリクサー

「えっ?」 と思うかもしれませんが、僕の練習用の弦はエリクサーです。

 

ちなみにアコギもエリクサー。

 

「エリクサー高いのによくやるわ」

「それはプロだからでしょ?」

 

って思うかもしれませんが、

そうではなく、ちゃんとエリクサーを選ぶべき理由があるのです。

 

 

エリクサーを練習用に使う理由

これは凄く単純な理由です。

コストパフォーマンスに優れているから。

これが理由です。

 

・・・って言うと大体「はぁ?」って顔されます。

 

という事で

何故コストパフォーマンスに優れているのか?という事です。

 

これはこの弦が長寿命設計だから。

 

練習用の弦を考えた時に、理想になるのは、

如何に長く使えるか?

です。

 

基本的に弦というのは黒ずんで来たら交換しないといけません。

弦が死ぬというのは新品時の音がキープ出来なくなる事を意味しますが、

弦の黒ずみというのは錆びているわけですからギターにダメージを与えてしまいます。

 

なので、練習用の弦として最適なのはさびずに如何に長く使えるか?という事なのです。

 

音、値段、持続力という3つの要素で考えるならば

 

こういう感じのバランスで考える訳です。

音:値段:持続性=2:1:7位のイメージです。

 

そう考えると持続性があるエリクサーは練習用として最適なのです。

 

 

エリクサーのコスパ

「でも、エリクサー、高いじゃねーか」

という感想はやっぱ多くの人が持つ訳です。

 

でも、だからといってダダリオの弦とか使ってしまうと

コスパ的には実は悪いです。

 

例えば500円のダダリオ弦を使ったとしても、1週間で錆びるなら

500×4=2000円かかる事になります。

※↑実際、僕の感覚としてはダダリオ等の500円クラスの弦は

下手すると数時間で死んでしまい、7日も弾けばちょっと錆びてくる印象です。

 

でも、これがエリクサーみたいなコーティング弦なら

1500円くらいで1カ月は持ちます。

 

となると、コスパはエリクサーの方が良い事になるのです。

 

 

いかがだったでしょうか。

エリクサーって一見高い印象がありますが、こうやって見ると

実はコスパが高く、練習用として使えるという事がわかっていただけるかと。

 

僕がエリクサーを使っている理由もこの記事で書いた内容のみです。

ぜひ、よかったら使ってみてくださいね。

 

エレキ用エリクサー

アコギ用エリクサー