アコギを弾いている場合の練習方法としておすすめなのは
コードストロークを活用した練習法です。

内容はギター初心者にお勧めの練習法と全く同じなんですが、
アコギの場合は特にこの練習が重要になります。

というのもアコギの場合はエレキに比べて
テンション(弦の張り)がきつく、弦も太いからです。

弦の張りがきつい上に弦が太いとどーなるか?

音を出すのが難しいという事になるのです。

「だったらコードなんて余計きついじゃないか!」

と思うかもしれませんが実はここが落し穴。

メロディを弾くのは弦も1本だし楽だと思うかも知れませんが、
実は左手をその分頻繁に動かさないといけないので、結局きついのです。

そもそも押さえるのが難しいのに短い時間の中で何度も押さえて、
離してをくりかえすのはきついと思いませんか?

ゆえに、アコギの場合は特に、
コード弾き語りスタイルの練習をやるのが得策なのです。

先ずはとにかく手を動かして弾いてみる事からスタートしましょう。

↑こういうので練習できると思います。

楽譜 洋楽スーパー・ベスト100(ギター弾き語り)

↑洋楽が好きならこういうので大丈夫です。